製品一覧

  • 味の素(株)ライセンス製品
  • アミノ酸有機質肥料
  • 植物活性剤
  • 土壌改良資材
  • 水稲用一発肥料
  • 高度化成肥料
  • 水稲・園芸用培土
  • 農業資材
  • グループ企業

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは、下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

0120-190-244

WEBからのお問い合わせは、下記WEBフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ

味の素(株)ライセンス製品育王

よくあるご質問をご紹介します。

製品に関する質問

使い方に関する質問

製品に関する回答

  • 「育王」は肥料とは違うのですか?
  • 平成11年に水溶性低分子核酸を主原料として植物根生育促進剤として特許を取得しました。平成15年には肥料としての登録を取得いたしました。

    このページの先頭へ戻る

  • 根が伸び、根が増すってどういうこと?
  • 根の細胞分裂に必要な水溶性低分子核酸を、直接補充してやることで細胞の増殖が加速されるメカニズムです。

    このページの先頭へ戻る

  • 特許を取得しているって具体的には?
  • ひとつは物質特許。採用した核酸が示す根を伸ばす効果そのものです。ふたつ目は稀釈して土に散布したり、水耕栽培等で投与する施用方法です。

    このページの先頭へ戻る

  • 「育王」の効果とは何ですか?
  • 根の生長がその後の生育を改善する効果があります。収穫物の味や色等の品質向上や、花の鮮度保持、収穫量の増加等、あらゆる作物に効果が得られます。

    このページの先頭へ戻る

  • 「育王」と同じような商品は他にありますか?
  • 「育王」は1種類の効果が確認された低分子の核酸を使用しており、これに類似した根の活性剤は他にはありません。ホルモン系の活性剤は主として細胞の数を増す事なくサイズを大きくして、見かけで根が伸びた様に感じますが根の活性化ではありません。

    このページの先頭へ戻る

  • 「育王」を使用した後、効果が現れるまでの期間は?
  • イチゴ等では3〜5日後に葉水上がります。

    このページの先頭へ戻る

  • 「育王」を使用した後、効果が持続する期間は?
  • 微生物に消費されるので物質としての寿命は3日程度と考えています。その間に吸収した効果は樹勢が回復し、葉水が出てきます。

    このページの先頭へ戻る

  • 購入2年過ぎて製品に薄い色がついてきましたが効果は?
  • 製品の有効期限は2年と表示していますが、期限を過ぎても製品の状態(著しい沈殿が起きるなど)に変化が無ければ効果に影響はありません。保管場所はできるだけ冷暗所を選び、使用後残った場合は蓋をしっかり閉めてください。

    このページの先頭へ戻る

  • 保管時に凍結したが品質に対する影響は?
  • 凍結しても成分に関しては一切変化しません。但し凍結による膨張には注意が必要。

    このページの先頭へ戻る

使い方に関する回答

  • 「育王」を使用する時期は?
  • 育苗時、定植時、栽培中期等、いずれも根の活性を促したい時期に使用してください。又過湿旱魃、病害虫等により障害を受けた根に対しても回復の効果が期待できます。苗もしくは種子からその一生が決まる事が裏付けされつつあります。より初期の幼芽期に「育王」を使用する方が効果があるという研究データが報告されています。

    このページの先頭へ戻る

  • 「育王」の効果をより発揮させる為のポイントは又注意事項は?
  • 核酸の絶対量は多く必要としないので、薄くてもタップリと根に与える事が大切。定植時のドブ浸けは効果的な使用方法です。

    このページの先頭へ戻る

  • 使用回数と効果の関連は?
  • 本圃での栽培では通常10a当り原液1kgを月に1回としていますが、1回の使用量を少なくして間隔を短くする方が効果的です。生育が旺盛な時は施用間隔を短くすることが効果的です。

    このページの先頭へ戻る

  • 稀釈倍率と効果の関連は?
  • 稀釈倍率の差による効果は直接関係がありません。原液がアルカリ性ですので1,000倍以上に稀釈してください。水耕栽培の場合は10,000倍以上に希釈してください。

    このページの先頭へ戻る

  • 使用量・使用回数を過剰に使用した場合、障害はありますか?
  • 過剰に使用しても害は起こりませんが、必要以上使用しても無駄になるだけです。

    このページの先頭へ戻る

  • 「育王」を着実に根に触れさせるテクニックは?
  • 土壌が乾燥している場合は事前に呼び水をしたり、使用後押水をする等の工夫をしてください。浸透剤との併用も適切です。又、果樹等根の深い作物では降雨前の使用をおすすめします。

    このページの先頭へ戻る

  • 「育王」を使用できない作物(植物)、又使用できない時期は?
  • あらゆる植物の根に対して細胞分裂を活発にして根の量、太さ、活性を増すため使用できない作物はないと言えます。根が活発に動く時期が望ましく、休眠中は効果が見えません。

    このページの先頭へ戻る

  • アルカリ性で取り扱い注意となっているがその理由と作物や土壌に対する障害は?
  • 育王の核酸成分はアルカリ溶液に溶けやすい事と、核酸の品質を安定させるためにアルカリ性になっています。使用時1000倍に稀釈すればpHは8前後になり、作物や土壌に対するアルカリの影響は全くありません。

    このページの先頭へ戻る

  • 「育王」を使用する栽培での肥料との関連は?
  • 有機成分、特にアミノ酸との相性は良く、肥料の効き目が向上します。肥効が出やすくなるので元肥を少なくする動きが始まっています(元肥が過剰でない条件下では一生が早まる傾向に)。開花が促進され、稲でも収穫が早まります。さらに微生物の増殖を活発にする働きで、ハウスの地温を上げた報告もあります。EC値の高い圃場での施用はおすすめできません。作物に害が出る可能性があります。

    このページの先頭へ戻る

  • 農薬との同時使用は?
  • 農薬の種類は多種多様であるため、農薬との同時使用はできません。

    このページの先頭へ戻る

  • 液肥との同時使用は?
  • 液肥との同時使用はいずれかを事前に規定濃度に稀釈した後、混用は可能です。原液どうしの混用はできません。

    このページの先頭へ戻る

  • 葉面散布としての使用は?
  • 地上部からはほとんど吸収されないので、葉面散布での効果は期待でません。

    このページの先頭へ戻る

  • 病害虫等に犯された根に対しての治療効果は?
  • 直接病害虫を駆除する働きはありません。但し根の活性や新根の発生を促すため、病害虫に対して抵抗力が増すことがあります。

    このページの先頭へ戻る

  • 潅水設備が無い場合の使用方法は?
  • 稀釈液を根元に注入する方法が最適です。

    このページの先頭へ戻る

  • 水耕栽培やロックウール等の溶液栽培での使用方法は?
  • 定期的に循環水に入れる方法かワンパスで流す方法が適当でしょう。濃度の目安は10,000倍以上稀釈で使用ください。

    このページの先頭へ戻る

花果神 / 育王

ページの先頭へ